積丹観光案内

 積丹には、神威岬と積丹岬をはじめとした切り立った岬があり、さらには神威岩や女郎子岩のといった美しい奇岩の数々を見ることができます。
  それらの岬や奇岩の美しさから『景勝の宝庫』と呼ばれることもありますが、なんといってもそれらの風景の美しさは、北海道で唯一の海中公園にも指定されている青い海によるものです。この海は、その青さを“シャコタンブルー”と表現されます。
 美しい海は多くの恵みをもたらすため、積丹はまた海の幸に恵まれた土地でもあります。現在でも、積丹半島のあちこちの町には、昔ニシン漁で栄えた時代の名残りともいえる建物が見られ、旧いニシン御殿などを見ると、旧き時代に思いをはせることもできるでしょう。『ヤーレンソーラン』というかけ声で有名な“ソーラン節”も、ここ積丹が発祥の地です。
 現在では、ホッケやシャケ、そして積丹名物のウニといった海の幸をたのしむことができます。

 見て良し、食べて良し、そんな積丹へ一度おいでください。

○積丹の味覚 積丹は、その土地柄多くの海の幸に恵まれています。積丹の名物として有名な“ウニ”をはじめ、最高の海の幸を味わうことができます。
○神威岬案内 積丹半島の中でも代表的な岬として知られている神威岬。現在は、岬の先端まで徒歩20分の所に駐車場とカムイ番屋(旧店名:レストハウス「ペニンシュラ」)があり、気軽に岬の先端からの風景を楽しむことができます。
○積丹岬案内 積丹岬では、日本の渚百選に選ばれている島武意海岸と、義経伝説の悲恋が語り継がれている女郎子岩を見ることができます。 こちらの岬は多少遊歩道を歩く必要がありますが、その労力に見合った美しい風景を見ることができます。
○積丹の海

積丹の海は、北海道で唯一の海中公園に指定されています。
晴れた日には一面に広がるシャコタンブルーの海!
ぜひとも、今年の夏には泳ぎに来てください。 この海の青さは忘れられません!

○積丹の冬
夏は、鮮やかな海や眩しい緑に彩られる積丹。
雪に覆われる冬は、それまでの季節とは全く異なる風景を見ることができます。
○積丹QTVR集
“QuickTimeVR”というものを御存じですか?
上下左右360°を見渡すことのできる写真です。(説明解りづらくてすみません)
文字で説明するより、見ていただいた方が早い!ぜひとも一度。

戻る